2006年8月21日月曜日

松尾鉱山跡(岩手県)

前から行ってみたかった、松尾鉱山跡に行ってみた。盛岡。硫黄の産地だったところ。
栄えたらしい。夜中東京から、500km程東北道を走る。
お盆休み中だったので、クルマが多い。大宮ナンバーが殆ど。

現地に着きスケールに驚く。廃墟具合にも。

炭坑何処よ?と暫し盆地の真ん中で考える。露天掘りなんだから此処だよと気付いた。マヌケ。
自然が復活して気付きづらくなってる。でも、未だに汚染した水を処理しているみたい。盆地真ん中に
処理場があります。
資料館に寄り学ぶ。栄えっぷりを確認。コピーした資料を購入。
廃墟ばっかり取り上げられているけれど、ここを故郷とする人もいるのだと気付き、
荒れっぷりが悲しくなった。エアガンのBB弾だらけです。(僕も偉そうな事言えないですね)
脳内タイムトリップしました。

小岩井の農場が近くにあるので、盛岡のホテルに帰る前に寄ってみる。
食事。
カルビ定食1500円。ウマ過ぎ。コストパフォーマンス最高。
牛乳、ウマ過ぎ。
バタークッキー、マドレーヌ、牛乳饅頭、チーズ饅頭、ウマイ。いいトコロ。

夜、盛岡の町を散策する。適度なサイズで、観光資料もあり歩きやすい。今度は冬に行ってみたい。
みなさん親切でした。じゃぁじゃぁ麵、地ビールを楽しむ。冷麺屋さんは混んでたので、
銀座でリトライする事にした。

盛岡から、龍泉洞に移動。以前世田谷の物産展(馬事公苑)に岩泉町が出店していて写真を見て気になっていた所。
青い、きれい、深い、寒い。いい水は素晴らしい。水を水筒に汲んで飲みながら、更に北松崎に移動。
小学校の頃習ったリアス式海岸を見に行く。途中、短角牛を食べる。油少なくてこれもウマイ。

北松崎は素晴らしい眺め。階段が下っていて、第2、第3展望台に繋がっています。下るのは楽ですが登るのは
大変です!


宮古市まで海岸線を下り東京に向かう。途中三陸鉄道の駅に寄り道しながら。いい駅が沢山ありますね。
何回も同じ方に会いました(^ ^
東京に帰るため、東北道に戻るのにかなりの距離がある事に気付く。
カーナビはかなり離れたと思っていた盛岡に戻るように指示している。移動した割には全然離れていない。
山道だったからなぁ。同じ道を走るのもつまらないので違うルートで東北道へ移動する事に。340号線。
車の運転は好きだから苦にならないけれど、なかなか到着しない。I.C.まで160km程度。
再度、山を超えないと辿り着けない。岩手ナメてました。
道はだんだん細くなる。ホントに国道?って程に。すれ違う事が難しい山道が続きました。
北上市に付いたときはホッとしました。山の間に街がある事を体感。

北上江釣子I.C.から東京方面。
仙台で萩の月を買いたかったのですがどこも無し。扱い無くなったのかしら?
国見S.A.で光センサーで糖度を測った桃が直売されていて、これが甘い!売ってる人も地元の若い方。
しかも真夜中に。

全日通して、東北の人いいもの食ってるなぁ!と思いました。また行こう。

0 件のコメント: