2008年4月27日日曜日

Aprilia Mana850に試乗してみる



オートマチック機構に興味があったので、世田谷某店で乗せていただきました。

フツーのスクーターみたいに乗れます。
車体は普通にバイクなので、ニーグリップも出来るし、ブレーキもカッチリしててかなりいいです。
排気音もよく抑えられています。今どきのバイクです。普通に乗るんだったら、十分速いです。
トルク出ているところ使ってくれるので、普通のバイクより速かったりして!?

シフトダウン時、僕の左手はクラッチを探しました(^ ^
オートマチック(ドライブ)モードと、シーケンシャルモードを選択出来ます。
オートマチックにはさらにモードがあり、スポーツ、レイン、ツーリングがあります。
シーケンシャルモードは、左側のスイッチで変速します。手前が+ 奥がー(マイナス)です。親指と人差し指で操作する感じです。
パーキングレバーも装備です。

問題は、男子が好きなシフトチェンジを諦めきれるかというところでしょうか? あと、音ですね。ボーとしかいわないので…
このバイクが持つ可能性は全然否定しません。今後評価されていくものだと個人的に思っています。(Honda DN-01とかもそうでしょう)
よく言われる事ですが、確かにこの手の変速機構はゲームっぽくはあります。
変速したというインフォメーションが少ないんです。
左足にシフトペダルが残っていて、それでもシフトが出来るのですが、インフォがないためメーターで確認する事になります。(ギア数が表示されています)
アクセルを戻さずにシフトアップしていくと、一瞬前に飛び出る感じが残ってるので、そういう時は分かります。
停止しようとすると、3-> 2-> 1とシフトダウンしていきます。
アルファロメオのそれみたいに、中ぶかしはありません。


コーナリング中にトラクションが抜ける事が無く、アクセルワークに集中すればいい事を考えると状況によっては速く走れる事が多いかもしれないですね。レインモードとか有効でしょう。2速発進するみたいな感じです。
タンデム時は、パッセンジャーに好評かもしれません。スムースに運転出来ます。(普通のバイクでも出来ますが、手間は減ります)

シフトチェンジは購入したら始めのうちだけで、後はずっとオートマチックモードで乗る事は容易に想像出来ますね(^ ^;;

ヘルメットスペースが用意されていることは素晴らしいです。(アクロスとかありましたけど…)
使い勝手いいですよ。(F800も出来そうな気がするんだけどなぁ。実際空いてるし。小物入れくらいは作れそうな気が…)

スイッチ類はいまいちです。特にウインカー。これもインフォがないんですね。
(外車は多いですね、こういうスイッチ。僕個人はホンダの物が一番気持ちいいです。この辺はまだまたバイクは改良の余地は残っていると思います)

チャレンジしているアプリリアは評価したいです。shivar 750もフライバイワイヤとかさりげなく使ってるんですよね。
買いたいけど、今の僕には余裕がありません(T T F800STのローンが終わったら…

ハーフカウルでも付いていたらもっといいかなぁ?なんて思いました。
(オートマ限定免許の人ってこれに乗れるのかしら?)

800ccあたりで、70馬力台、100万円あたりのバイクって、今後ボリュームゾーンになりそうですね。

試乗させてもらってありがとうございました〜。お土産までいただきました。

バイクの詳細は、こちらで。
イタリア本社は、こちら

0 件のコメント: