2008年4月18日金曜日

Ratoc REX-220CUDを導入してみる


Windows PCにapple用のキーボードを繫いで使っています。

モニタとキーボード+マウスセットを別々に切り替えて使っていました。

USBエミュレーションをしてくれるKVMではなく完全な切替で、PS/2接続がメインの世代が古いモデルでした。
PS/2接続の頃は完璧に動作してくれていましたが、モニタが液晶にシフトして、DVI2系統入力になった事、キーボード、マウスもUSBにシフトしてしまった事もあり、USB切替のみでダラダラと使い続けていました。
デバイスを見つけた音が切り替えるたびにして、認識にしばらく時間がかかります。

Winマシン2台で行き来する事が増えてきました。モニタは本体の切替で出来ます。
USB周りはかなりの確率で、キーボード、マウスを認識失敗する事が増えてきてしまいました。
何回も切り替えていると理由は分かりませんが、そうなってしまいます。
その度に強制的に再起動をかけなければいけない羽目になります。
作業にならないので、買い替えを考え始めました。

導入には不安がありました。動作確認が取れていないキーボードを使う事。
しかもapple用でちょっと古く、atessaというメーカのものです。power mac G4(quick silver) の頃に購入した物です。
秋葉館で、新しくなった物が売っています。
気に入ってたのと、前のKVMでも問題なかったので、大丈夫でしょうと、amazonで買ってみた。

prime便ですぐに届く。不安的中で、キーボードを認識してくれません。

PC本体のUSBポートを変えてみるとたまに見えてるみたい。num lockキーのLEDが点灯します。
なんとかwindowsにログオンしてからも、ランプが付いたり消えたりしているので、これは電源だと判断しました。
キー入力も出来たり出来なかったりです。
BIOSでは見えています。ちょっと反応鈍いので怪しい動作ですけれど。これも電源っぽい症状ですよね。

前のKVMはACアダプタ使う物だったので、動いていたのでしょう。(Corega UV Changer)

なので、アダプタを導入してみる事に。
専用アダプタ RSO-AC05-25を探して、yodobashi 新宿、bic camera 新宿、twotop 秋葉原、faith 秋葉原、dos para 秋葉原と回りましたが全滅です。
これ多分在庫してる店ないです(^ ^; 結局、ratoc directでゲットしました。

15日夜に頼んで、18日朝イチで届いたので早速、取り付けてみました。
症状は変わりませんでした。(ToT)オーィオイオィ
どうも違う理由みたいです。KVM自体変えないとダメかも知れませんね(T T Aten CS-1762あたりとか…

ストックしてあった、一世代前の、apple pro keyboard(アクリルで白いやつ)は問題なく使えたので、しばらくはこのままで使おうと思います。

切替時にやはりデバイスを見つけた音がします。ですが、エミュレーション出来ているみたいで待ち時間は確実に減りました。
悲しいのは、僕のキーボードには、scroll lock keyがなくて、キーボードで切替が出来ない事です(T T
appleK pro for XP 2.4.4と併用していますが、これも問題なく使えています。

マウスは、logicool G-5です。これも、OKでした。

思った通りにならなくて、なにかモヤモヤが残りますが、今回はこれでOKとしておきます。

#cmd spaceという、ユーティリティもあるみたいなので、windowsキーボードに移行した方がいいかもしれませんね。そろそろ。

5/4追記
動作確認キーボード情報。

某掲示板で、Filcoはダメだったという報告があったのですが、ウチの環境では問題なく使用出来ています。(アダプタあるから?)
機種は、Majestouch 茶軸 FKB104M/EBです。
Happy Hacking Keyboard Lite2 PD-KB200B/U も問題なく使えました。ただし、AppleK Pro x64版では認識が出来ませんでした。動作確認リストには載っていますが、サポート終了なので諦めます。サポート後に発売されたKVMなので仕方ないですね。

AppleK Proを使う事をx86,x64環境共に諦めました。
change keyというアプリケーションで、レジストリを書き替え、win key, ctrl key, alt keyの位置を入れ替え(物理的にキートップも入れ替えてしまう。win keyをcommand key(apple key)に見立てて使う事にしました。)
IMEのon, offのショートカットに、ctrl+spaceを割り当てれば、それなりにmacっぽく使えます。キャプラというアプリケーションを常駐させれば、スクリーンキャプチャもctrl+shift+3とかで、設定すれば出来るようになります。




0 件のコメント: