2015年12月28日月曜日

iPad Proを導入してみる。

発売日にauのセルラーモデルを買ってみました。
この時点で、apple pencilが手に入らない。

用意だけしようと、amazonで安いガラスフィルムを購入するも、届いたら割れてて交換依頼。再度到着後、期待した保護機能があることは確認できるも、タッチ時のレスポンスが悪いことが発覚。地味に凹みつつ、apple pencilの出荷を待ちました。
ケースも激安品しかなく、仕方なく購入。ゴールド!これは期待以上の品。
 <amazonへのリンク>
apple純正のキーボードカバーとの併用は不可ですが。
どちらも、1,000円そこそこの品物でした。
logitech (logicool)のキーボードを待っているのですが、入荷しませんね。ネイビーか赤いのが欲しいのですが。

iPad Proで驚いたのは、音です。すごい音がします。これで映画見るのに十分な気がしてきています。
画面のsplit機能は、便利かもしれませんが、細かい作業をしたかったら、いまのところMBPを開いてしまっています…

はじめから、液晶タブレットとしての機能を期待してるので、大きさも、重さも僕にはネガティブな要素はありません。
iPad Airのつもりで使うと、確かに手が疲れます。
お腹というか、ベルトの辺りに乗せて使う感じでしょうか?

確かにデカイ!
2週間ほどして、apple pencilが届きました。


期待した、ASTROPADが、apple pencilを認識しなく(笑)、サポートに連絡。
開発者とデバックするはめに(笑)
iPad Proなのに、iPad Proを用意しなさいと出てしまうバグでした。
auモデルを認識してなかったみたいです。

最新バージョンでは、直っています。
速攻の対応をありがとう、ジョバンニ!

早速使ってみるも、まだ転送が間に合ってない様子。3MB/s(USB3.0に対応したら間に合うのかなぁ?)
差分で画面を更新するのですが、その絵が来るまでに画面の該当箇所がブロック状になります。
慣れれる範囲です。今後のアップデートに期待しましょう。(wacomもHDMIだしね…)
Macの画面をiPadに全画面表示すると小さくなってしまうので、左手は、拡大縮小+画面内移動するために常に置いてある感じになると思います。
(Macの画面の一部をiPad Proに表示する感じになります)
慣れてくると、これでもいいなと思えてきます。
ペン先を普通に置いて違和感なく使えているので、これはアプリケーション次第では、wacomあぶねぇなという感じですね。
まだいろいろ不便なところがありますが、みんなで使っていくうちに良いツール(iPad + ASTROPAD)になる予感があります。

Mac上の、Photoshop, Clip Studio Paintでも使えます。筆圧も検知してますね。
カーソルが見えないこと、ツールパレットを見るのに顔を上げないといけないことが難点でしょうか?
(パレットを持ってきておけばいいのですが…)
Macと、iPadでスクリーンのアスペクト比が違うのも悲しいかもしれません(笑)
(正直な所、Wacomが手元にあったら、そっち使う感じです。今のところは。出先でネタ出しとかするとなると、iPad Proは有効だと思います。)

以下、apple pencil + iPad appのレビュー。
(買う必要があるものは買ってみました!(^ ^)/ iconサイズばらばらでごめんなさい)
とりあえずインストールできるものは、入れてみて触って自分の好みの物を探すのがいいかと思います。
大体、以下のものあたりになるんじゃないかなぁと思います。
こうやって並べてみると、アイコン大事ですねぇ。
リンクは、iTunesにしてあります。(アフィリエイトではありません)

遅延かなり少なめ。一部ツールで線ブレの補正の設定があります。pencilの傾きは見てない感じ。pixel toolはいいかも。

ArtStudio ¥600
描き始めにペン先の十字が表示されます。ツールそのものが分かりやすいです。線のブレ補正の設定があります。pencilの傾きは見てない感じ。遅延少ない。
(アイコンで損してる感いっぱいです…)

Procreate ¥720
みなさんご存知ですよね。機能充実。penの傾きにも対応。ユーザさん多いと思います。遅延少なめ。

Artrage  ¥600
12月末のアップデートでapple pencilに対応。筆圧、傾き検知。
(僕は)PCで慣れているので使いやすい。油方面の方は特に使いやすいかと。painter的なappです。遅延少なめ。

独特のぬるっと感があるけど、遅延は少ない。共有に特化しようとしています。
動画見るとペンが増えたりします(笑)ちょっと面倒くさいです(笑)

sketches app内課金
鉛筆感が高い。筆圧検知には¥600を。Proにして初めて使える感じになります。遅延少なめ。

Zen brush ¥360
炭に特化してます。楽しいツール。炭と朱が使えます。薄い墨を重ねられます。遅延少ないですが、ストロークに独特の残り感があります。

ArtSet ¥840
分かりやすくていいです。kidpixみたいですが、機能は全然上です。キッズにはすごく分かりやすいUIだと思います。油方面の方も取っ付きやすいかと。

Medibang Paint
ツールの並びが特徴的です。PCに近い構成。ある意味いちばん慣れやすいです。選択範囲充実。筆圧対応。遅延少なめ。

Brushes Redux 簡単に書くなら良い。機能少なめ。遅延少なめ。

PCで慣れてるので入りやすという(笑)apple pencilに対応。appの設定でONにする必要があります。PC版の方で払ってあれば、ログインしてPro版として使えます。少々遅延あり。

番外
アイディアスケッチにいいかなと思いました。線の補完もナイス(かなり補完してくれます。円とか四角にきっちりしてくれます。
絵を描くというよりは、ネタを書き留める感じに有効なのかな。沢山並べられられるので、描いたものが溜まってくると嬉しいと思います(^ ^
遅延は少なめ。
僕は、このappをapple storeの店員さんに教えてもらいました。


どれを作業に使うか?となると、僕は、Sketch Club, Art Studio, Procreate, autodesk sketchbook あたりです。
機能面と、開発力を考えると、コレかなという感じです。使っていくうちにさらに絞られていくと思います。
機能によって使い分けも必要かもしれませんね。
clip studio paint for iPad Pro とか来たら、稼げると思うんですけども、どうなんでしょうか!? セルシスさま?)
完全な仕上げは無理かもしれませんが、結構なところまでiPad内で完結できます。
(足りないのはPhotoshopで使うフィルタと、選択範囲の柔軟さ?)
クラウド対応で、Macにも対応してるアプリは、引き続きすぐにMacで仕上げに入れるのがいいところ。(既にiCloud Driveにセーブされているので)

iPad Proは、今すぐに(buy now!)!でなくても、この手の仕事をする方は、注目しておいていいアイテムかと思いました。
windows専門の方は、いまのところ、使えませんけどね…
wacomがどう出てくるのか、楽しみでもありますが。

僕は、行けそうかな?というものは購入し、ちょこちょこ意見を出し、ナイスツールになるように協力していこうと思います!

筆がいっぱいありすぎて、迷ってしまって、結局、紙!とかになりそうな自分もアレですが(笑)
これだけお金使っておいて(笑)


このケース、建築現場とかで図面見るのにすごく良さそう。


2015年9月30日水曜日

Macbook Pro 15 retina Mid2014を導入してみる。(+Mid2015も導入される!)

 
2台。見分けがつかない…
今年の2月に、2回のロジックボード交換をした17inchが再度死亡し、仕方なく導入。仕事にならない。(修理品は半年も稼働できず…)
 SSDは1TBにCTO! 40万円超え…
 もやもやしながらも移行は完了し、慣れてきた頃に、リペアエクステンションプログラムが始まり、押し入れで眠っていた17inchは、Mid2015と交換していただけることに!(捨てなくてよかった!)
 家には、MBPが2台になりました。贅沢ですよね(笑)(分かってたら、買わなかったよ!!)
 1台は出先の事務所に置きっぱなしにすることにしました。持って歩くの重いし、1年くらい行かなければいけないので。毎日の自転車移動で転倒したら壊しちゃうしね。

 交換時、マシンを用意するので少々お時間が掛かりますと言われ、連絡待ちで3ヶ月。(←待ちすぎ)時間が掛るとは言っていたけれど、流石におかしいと思い表参道に問い合わせると、担当者が焦っている様子で、「ご相談いただいてから、3日後には用意出来ているのですが、本当に受け取られていないのでしょうか?」と。 
 どうも、違う方に渡してしまったらしく…(笑) 詐欺を疑われる、僕(笑)
 それから、1週ほどでマシンは再度用意され交換されましたが。担当のiPadを確認したら、違うメアドに連絡してましたねぇ… 対応が、ヤバイヤバイ感いっぱいで、怒らせないように早く帰せ的な感じで、居心地良くありませんでした。(怒ってないのに…)
 連絡が頂けないので、預けて頂いた17inchを廃棄し、この件は終了する予定でしたと告げられる… (最悪の対応。)
 半年も経たずに新しいMacbookが届いたので、特に感慨はなく、箱を開け移行作業。クラウド対応になったアプリケーションが多いので、インストールが楽になりましたね。
左側。ポートは同じ。
右側もポートは同じ。
 2015の方が体感はもちろん速いです。AMD(ATi)なのが痛いですが。しかもカスタム品だし。CUDA使えないので。
 SSDは体感できるレベルで、速くなっています。
 ただ、画面がガタるトラブルが発生していて、apple storeで認めて頂けなくて困っています。たぶん、グラフィックカード周り。photoshopとか、sprite studioを使うと、地震エフェクトみたいに画面がずれて戻ります。
 しかし、Storeに持って行くと、症状が出ない。(17inchの呪いなのか… Mid2014と交換して欲しかった…) 他にも同様の症状の方がいる様子。リンク。症状出たらビデオ取って持ってきて、ということで話は終了。

 双方に、windows10を入れ、ほとんどの仕事はこれでこなすようになってしまいました!
 ちょっと前じゃ考えられなかったですよね。2D, 3D問わず、これだけです(笑)MacOS, Win間の移動はありますけどね。
 
 Dropbox, Evernote, iCloud, unity3Dが、ほんとに役に立っています。

 双方、apple careに入ったので、このまま3年使い倒します。結構な、散財をしてしまいました orz
 (自宅のMid2014は、MacProに変えてもいいのかも(笑))

 早く不具合を認めて欲しく。こんなのばっかりで嫌になります。

2015年9月29日火曜日

Wacom Cintiq Companion 2 Standardを導入してみる。


作業環境はこんな感じ。フィルムを張り替えたので、テカテカです。
(発売後、随分経ってしまいましたが…)
 発売日に現金持って、ヨドバシにダッシュ! ワクワクで開封するも、期待はずれ…
 こんなに視差が大きいとは、思っていませんでした…

 買ってしまったしなぁと、自分をなだめつつ使用開始。
 
 ファンの音と排熱が、結構気になります。
 (手前と奥に2つの排熱アウトレットがあるのですが、1つは自分に向いているのです。冬は違うのかしら?)
 そして、画面の印象がほんとに良くない。
 こんなものか?もっと液晶は綺麗なのではないか?と疑いつつ2週間ほど使用していました。
 売ってしまおうか!と、本気で考え始めた頃、試しにと、最初から貼ってあったフィルムを剥がして、ミヤビックス製(光沢)に交換する事に。
 これで印象がすごく良くなりました。キレイ。(戻れない道に突入しました…)
 アンチグレアのフィルムは、粒状感があるのでせっかくの高解像度のモニタがキレイに見えません。
 光沢にすると、画面が汚れやすくなりますが、そこはあの変な手袋とかすればいいのではないかと。
 元からのフィルムは、すごく硬くて粘着力が強いので、剥がすときは焦らずゆっくりやりましょう。
 テレホンカードくらいの厚みのカード等で、角から剥がしていき、ちょっとでも剥がれたら後は手でいきましょう。結構力が必要です。剥がしたものの再利用は不可です。
 (元のフィルムが耐久性が高いものであることは理解できるのですが、短いサイクルで張り替えることになっても、僕はこのミヤビックスのフィルムを選びます)

あーぁの分解後。ファンが前後に向いていますね…
 他、海外サイトの分解記事を参考に開けてみました。
 windowsのシステムプロファイルを見ると、どう見てもスロットが1つ空いてて納得いかないので。
 (これで、帰れなくなりました(笑)もう買い取り期待出来ないなぁ(泣))
 ちょっとアルミ部分に傷つけちゃいました… 明らかに開けるんじゃねえぞという設計です。悪意すら感じます(笑)
 メモリくらい自由に交換させてくれても、良くないですか? ワコムさま?

右側のスロットが空いています。
メモリはこれを使用しました。
 メモリを追加してみて、16GBになりました。何ら問題なく稼働しています。
 メモリは、DDR3L 1600 (Low Voltage)の方を用意してください。

Toshiba製ですね。
 SSDも問題なく交換できると思います。分解写真はここ。ありがとう!ブログの人!
 僕は、MicroSDカードを追加で、そのまま使っています。このSDカードは、Win, Mac双方でアクセス出来るので、地味に便利です。

 Vaio Z Campusみると、心揺れますね(笑)MacOS動かないですけど
メイン画面はタブレット側に。上は買い換えした、4KのDELL P2415Q いい感じです。
 利点は、Macに繋いで、普通の液晶タブレットとして使えることですね。これで使用すると、本体内のwindowsはサスペンドするので、ファンが回ったりしません。
 ただ、残念なのが、HDMI接続なので画像が汚いということです。jpgノイズみたいなものが、エッジに浮かぶのでこれが気になります。
 Displayportで繋げないかと、ケーブルを買ってみましたが、認識しませんでした…(人柱)

 フィルムを剥がし、分解し、追加投資してしまったので(笑)、しばらく使ってみます。

 iPad Proに期待しちゃうところです。

 ほんとは、Macbook Pro Touchみたいなのがあればいいんですよね!!

  

2015年9月28日月曜日

Tire Penzをやってみた。

 Tire Penz モーターサイクルショーで見かけてから、気になっていました。
 Naps世田谷店で見かけたので買ってみました。
 これは簡単に出来る割には、効果が大きいカスタムだと思います。
 ライムグリーンがいちばん映えますねー。
 僕は車体カラーに合わせて、ブルーを購入。

 昼過ぎから作業を開始してみるも、終了したのは夕方暗くなってから。
 しかも、リアタイヤのみ(笑)
 ここで力尽きました。溝が多いタイヤはいかん。
 ペンのインクも、ほぼ無くなったので、賢い方は2本買いましょう。ペンだけ別売りしています。
 サイドウォールに塗れる、ガラス入りの粉末もセットになっています。
 道路の白線みたいに光りますね。(僕は今回未施工)

暗くてすみません
完成後。カッコイイ(^ ^)

 溝も減ったタイヤなので、前後新品入れたら、またやりたいと思います。
 (溝の少ないタイヤを入れよう(笑))


自分のバイクがストラップになってると、なんか嬉しいですね!

 他、キジマのアレで、僕も真似てみました。(ストラップもゲット!)
 エンジンかけたまま開けれるので、やはり便利ですね。
 走行中にやるとえらい事になると思われますがっ!

  


 次は、SW_Motechのハンドガードを追加予定です。



2015年9月27日日曜日

Puig Rear Hugger for NC700/750Xを導入してみる。


輸入しようかと思っていたのですが、amazonで安かったので、ポチ。
全景
説明書
マウントパーツ
ボルトが通るところには、ゴムブッシュ。
インストールは、全く問題なく、工作精度も質感も高いです。
チェーンガードが、カチ上がってるのが気に入りました。(ガードする気はねぇな!)
効果の程は、いまいち分かりません。

カッコ良くなったので、良しとします。
右後ろから
左から。標準のチェーンてブラックメッキなのですね。





2015年9月26日土曜日

WorldWalk Smoke Screen for NC700/750X (Long) を導入してみる。


ご無沙汰しております! NC750X乗り回しております。

Puigか、Honda純正で悩んでいたのですが、楽天で思わず発見。
即導入してみました。ワールドウォーク社製、NC700/750X用スモークスクリーン(ロング)
江戸川区南葛西産。価格もグッドです。
工作精度は高いです。形もまぁまぁ。取り付けに問題はありません。
スクリーンは上下に移動は出来ません。Fixです。取り付け部のゴムを上下ひっくり返します。

右前方から。八王子のパン屋さんでのショット。
早速、高速道路に出かけましたが、肩下までの風を防いでくれるようになりました。
174cmの僕だと、少し伏せ気味にするとちょうどいい感じ。
普通に乗ると、ヘルメットを誰かに軽く左右に叩かれているような風が当たります。
(他のバイクでもハイスクリーン付けると、そんな感じです。)
快適クルーズには、もう少し高いものの方がいいかもですね。
見た目との兼ね合いかと。これ以上大きいとカッコ悪いし。 

後ろから。透明度高し。歪みもない。
僕はこれでオッケイです。

興味で違うの買ってみるかもしれませんが。
ハンドガード買ったほうが、冬場は幸せかもしれませんっ。

全景。北浦湖畔にて。
直販もしていますが、こっちのお店のほうが安いかも。